卒業生の声

濱田 菜月 さん(関西学院大学 経済学部)

まず最初に、私は地元名古屋を離れ、近畿大学附属豊岡高校に入学しました。なぜわざわざ兵庫まで?と思った方も多くいると思います。私は中学3年生になった頃、進路についてまだ何も決めていませんでした。

そんな時、西宮にいる知り合いから、「ぜひ行ってほしい高校がある」と言われ、この学校のことを知りました。その後、自分なりにいろいろ調べ、オープンスクールにも参加し、寮の見学や説明なども聞きました。私は実際に寮生の話を聞いたり、在校生の方の話を聞いたりして、「この高校だったら、自分の目標とする大学に行けるかもしれない」と思いました。そして、今思えば、あの時の私の選択は正しかったと思いました。勉強できる環境が整っている寮、私たち生徒のために常にぶつかってきてくれた先生方、3年間共に頑張ってきた仲間との出会いはすばらしいものでした。この学校を離れることはとても悲しいですが、学んだことを忘れずにこれからを過ごしていきたいと思います。

どうもありがとうございました。

濱田菜月2