卒業生の声

上田 大貴 くん(山口大学 医学部(保健/看護学))

僕は、もともと文理Ⅰの生徒で、男子バスケ部に所属していました。
そして、一年生の夏くらいに文理Ⅱにコース変更をしました。
しかし、部活を辞めようとは、思わなかったです。
むしろ、部活しても、国公立大学に行ってやるぞと思いました。
それから、二年生の夏にバスケ部キャプテンになりました。
この時は、文理Ⅱでキャプテンも出来るのか、とても不安でした。
しかし、やれば出来ました!
ただ、高3当時、模試成績もちゃんと取れていたのかと言われるとそうではありませんでした。
五月に部活を引退してからも、必死に勉強はしていましたが、伸びませんでした。
むしろ、下がっていきました。
そして、他のクラスメートがとても伸びていく中、本当に苦しかったです。
しかし、あきらめずに学習に取り組み続ける中、11月にいきなり伸び始めました。
そして、センター試験では、これまでで一番高い点数が取れて、山口大学に合格出来ました。
この3年間でちゃんとした目標を持って取り組めば、必ず達成出来るということを学べました。
クラブに、学習に共に一生懸命取り組むことで大きく成長することの3年間でした。
ありがとうございました!
20140415135542