高等学校

2月15日 卒業式

前日の大雪警報とは打って変わって、穏やかな天候の中卒業式が挙行されました。

clip_image010 前日は休校日となってしまいましたが、寮生たちの協力により、きれいに準備することができました。
clip_image022 はなむけの演奏として

田中 宗利氏によるチェロ「無伴奏チェロ組曲第1番より『プレリュード』」が演奏されました。

 

clip_image026 卒業証書の授与。
clip_image028 clip_image048
clip_image032 続けて、学業・クラブ活動優秀者、皆勤・精勤の表彰ののち、卒業生から学校へ卒業記念品の贈呈を行い、校長先生の式辞、来賓の方々から祝辞をいただきました。
clip_image012 生徒会長の近藤君が送辞を読み上げ、
clip_image034 卒業生代表として、北垣君が思わず涙ぐんでしまう心のこもった答辞を読み上げてくれました。
clip_image014 clip_image016
clip_image042 clip_image044
clip_image040 clip_image038

clip_image050

式の後は、各クラスに戻ってのHR。

在校生たちの書いた黒板を背景に、卒業生たちに卒業証書やエールを送っていきます。

clip_image004 clip_image002
clip_image006 clip_image020
clip_image008 各クラスで最後の集合写真。
クラスによっては保護者の皆さんも入っての撮影です。

192名の卒業生が近大豊岡を巣立っていきました。

入学時の幼い様子から、「立派な青年になった」としみじみ感じます。

保護者の皆様も、6年間、あるいは3年間の節目として思いも喜びもひとしおだったかと思います。

これからは、それぞれが近畿大学・国公立大学をはじめとして、各地に進学して行きます。

近大豊岡の卒業生として、一層「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人」を目指して、邁進してください。

ますますいろいろな経験を積んで但馬・豊岡をはじめとするそれぞれの地元、ひいては日本や世界に貢献できる人材となってほしい、

幸せな人生への一歩としてほしいと願うばかりです。

卒業、おめでとう!