多田 聖司さん

近畿大学附属豊岡高等学校中高一貫コース19期生多田聖司です。
僕が京都大学薬学部に合格できた理由は多数ありますが、中でも一番大きいのは普段の授業のレベルの高さだと思います。そのお蔭で、塾等を利用する必要もなく、課外の時間を自由に使うことができました。また、度々音楽家や講師の方をお招きして開かれるミニコンサートや講演会を通して、情操を養ったり教養を高めたりといった、勉学以外の面でも大きく成長できた学校生活だったと感じています。
大学では薬剤に関する知識を深め、卒業後は創薬研究に携わり、一人でも多くの難病に苦しんでいる人の助けになりたいと考えています。

tada
Read More

谷 明香里さん

私は入学当初、特にやりたいこともなく、勉強も特別に出来るわけでもなく、自分にあまり自信がもてませんでした。しかし親身になって指導してくださる先生方や一生懸命努力している友達に囲まれ、レベルの高い授業を受ける中で、研究者になりたいという夢ができ、前向きに頑張ることができました。この六年間を思い起こすと成績が伸び悩み、つらい時期もありましたが、それ以上に今はこんな自分でもやれば出来るという自信と、達成感と先生方、友人、家族をはじめ、支えてくれた周りの人たちへの感謝で一杯です。

tani

Read More