中学校

入学案内[中学校]WEB版 

入学案内[中学校]PDF版 

平成31年度入試要項(中学校) 

パンフレットなどが必要な場合は

(1)「お問い合わせ」ページより申込み

資料請求される方はこちらへ →

(2)ファックス:0796-24-5362

(3)電話:0796-22-4305

本校入試広報部までお申し込みください。

  • 朝のあいさつ 校門では毎日、先生方が迎えてくださいます。先生方の気持ちの良いあいさつで「今日もがんばろう!」という気持ちになります。

  • 授業 近中の先生方はおもしろく、授業は熱く、分かりやすいものばかりです。真剣に、でも笑いもあり、楽しく授業を受けることができます。

  • 記録帳を確認 いつも前向きなコメントで私たちを励ましてくださいます。生活リズムを正したり、学習の偏りをなくしたりするためのアドバイスも。悩みや心配事の相談にも親身になって答えてくださいます。

  • 掃除・SHR 何でも一生懸命にやるのが近中生の特徴。もちろん掃除も一生懸命にがんばります。先生方に教えていただいて「はやく」「丁寧に」できるようになりました。でも、先生のチェックは厳しい...。

  • 放課後 授業中の疑問はすぐに担当の先生のところへ。分かるまで丁寧に教えてくださいます。分からないときだけでなく、自分でどんどんがんばりたいときは課題を用意してくださいます。

  • 部活動 (中学校から始まった部活動。)顧問の先生は今日も元気いっぱいです。ときには厳しく指導してくださったおかげで、ずいぶん上達しました。先生を県大会に連れて行くのが目標です。

中高一貫課程

準備OK高大接続改革

まだまだ不透明な部分も多いですが、これは、今後の社会変化を見据えた教育改革です。 近畿大学附属豊岡中学校では、あらゆる状況に対応できるように、将来を見据えた5つの柱を設け、早期から6年間の中高一貫教育の中で、次世代を担うにふさわしい力を身につけ、時代の急激な変化に対応できる人材の育成を目指します。

01 グローバル社会に対応した6年間の英語教育

豊富な授業時間に加え、オンライン英会話・外国人との交流・海外語学研修などの英語教育が充実しています。これまでの大学入試センター試験で評価されていた「読む」「聞く」に加えて、2020年度から始まる新しい大学入試において、評価対象となる「話す」「書く」を含めた「4技能」を総合的に伸ばすことができます。将来を見据えた英語4技能の育成、英検などの資格検定取得・入試対策も万全です!

グローバル社会に対応した6年間の英語教育
豊富な授業時間
授業の進度が早いと思われがちですが、実は授業時間が豊富であるため、1単元にしっかり時間が取れます。また定着を行うための様々な工夫が授業に盛り込まれています。放課後とクラブ活動のない曜日に補習を実施し、毎日の質問にも個別に対応。クラブ活動とのメリハリのある学習を目指します。中3のはじめで中学校課程を終え、高校課程へ移行します。
豊富な授業時間
兵庫県下初!(QQイングリッシュ)
オンライン英会話「QQイングリッシュ」を採用し、「読/書/聞/話」の4技能の中でも特に「リスニング」と「スピーキング」の力を磨きます。公用語として英語を使用しているフィリピンの講師との英会話レッスンです。厳しい基準をクリアした講師とのマンツーマンレッスンで個々のペースに合わせた授業が可能となります。
海外留学生との交流
中2年次の3月の研修旅行(東京)にて、日本の大学に留学経験を持ち、現在社会人として活躍されている外国人の方と交流の機会を設けています。キャリア教育・英語教育の一環で約半年をかけて準備した英語によるプレゼンテーション(将来の夢など)を実際にその場で行い、外国人と英語でのコミュニケーションをはかります。その経験によりその後の英語への関心度や取り組み方が変わります。
英検取得人数
英検は、将来へ向けた実用英語の力を育てるために学習進度やレベルに応じた学習目標として最適であり、スピーキングを含む4技能を測定し、英語におけるコミュニケーションの幅を広げます。またこれからの大学入試改革も見据え、英検取得(CSEスコアUP)を中1から目指します。学校全体で上級取得へ向けチャレンジしています。
CSEスコア...国際標準規格CEFRに対応し、英語力を客観的に評価
29年度英検取得人数
充実の海外研修
身につけた英語力実践の場として、中3・中4年次のニュージーランド語学研修(希望者:姉妹校ワンガヌイハイスクール:13日間)や、中5年次にはオーストラリアへの研修旅行(全員:ケアンズ方面:6日間)を行っています。ホームステイと体験学習を組み合わせた海外研修で、期間中をホストファミリーの家庭で過ごします。また現地の学校訪問・授業体験など、学校交流も行います。自分たちの英語力を試し、異文化体験ができるまたとない機会です。この研修を通じ今後の英語学習への意欲を高め、さらに国際理解への関心を深めることが期待できます。
オーストラリア研修character01-3.jpg

02 多彩な行事主役は君だ!

心に響くものに出会い、感動したり、敏感に感じたりする経験を何度も積み重ね、知・徳・体・感の調和のとれた人材の育成を目指します。近梅祭(文化祭)・春と秋の遠足・ミニコンサート(年5回)・球技大会・カルタ大会・芸術鑑賞・茶華道などをはじめとした多彩な学校行事を通して、さまざまな資質・能力が身につきます。一人ひとりの可能性を広げ、さらに輝くために!

多彩な行事主役は君だ!

03 AL×ICT×プレゼン=未来への力

AL(アクティブ・ラーニング)・ICT(情報通信技術)の活用・探究活動を意識した行事・授業などを通して、生徒の主体性を引き出し、目標設定力・計画策定力・問題解決力・表現力など、未来に対応した力を育みます。アクティブ・ラーニング・ルーム(特別教室)の設置や図書室の整備(ラーニングコモンズ)を行い、iPadや新たに chromebook を導入し、活用します。あなたの可能性が広がります!

AL×ICT×プレゼン=未来への力
Google for Education @近大豊岡
ICT(情報通信技術)の活用で 「Google for Education 」の有効活用により、協働的思考力を育成 本校のICT教育の方針は、生徒たちが未来のために協働的思考力を身につけ、仲間と協力し新しいものを創造する力を育成することを目的としています。これからの社会を見据え、どんなデバイスでもアクセスできるクラウドの教育的有効活用を進めています。 Google のクラウドサービス( Google for Education )を活用し、学校教育活動における教師と生徒のインタラクティブ(双方向)な情報交換や活動、また生徒と生徒の協働的な学習を行います。そのためのデバイスとして、 chromebook を導入し、『 Google for Education @近大豊岡 』により、生徒の未来に対応した力を育成します。 ※ICT=information and communication technology
ICT(情報通信技術)の活用でプログラミング研修
ICT(情報通信技術)の活用で プログラミング研修 中2年次の研修旅行にて、東京の六本木にある「ライフイズテック」にて、プログラミング研修を実施。班別で時計アプリ・カウンターアプリを企画・作成。これからの時代に必要な創造力が広がります。
character03-2.jpg
近畿大学でのプログラミング講義
中3年次にて、理工学部情報学科の先生によるプログラミング授業を受けます。プログラミング言語の組み合わせにより、キャラクターを動かし、スクラッチを用いたプログラミングなどを学びます。
情報教室
コンピューターシステムを導入し、各種授業を通してICT教育にも力を入れています。
character03-2.jpg
読売ワークシート通信
新聞の社説・コラムなど様々な記事をもとにしたワークシート教材で、生徒たちの言葉の力や社会への関心度が高まり、自分の考えを表現する習慣がつきます。
図書室
読書活動優秀実践校として文部科学大臣より表彰
character03-2.jpg
アクティブ・ラーニング・ルーム(特別教室:ACTルーム)
平成29年度、アクティブ・ラーニング用の特別教室を設置。Wi-Fi環境を整備し、プロジェクター3台を設置。教室3壁面の全面ホワイトボードは、生徒の自由な発想を引き出します。授業やグループワーク・iPadを利用したプレゼンテーションなど各授業で活用しています。
charater03-4.jpg

04 附属校だから出来ること!

中高一貫だからこそできる、高校生との交流(行事・クラブ活動・中3~中6のトップ合宿 など)や、5年連続志願者数日本一の近畿大学の附属校として、将来を見据えた大学見学(14学部48学科)を通じたキャリア教育、西日本に7校(豊岡・福岡・東広島・福山・大阪・和歌山・新宮)ある附属校間交流(中5附属合同トップ合宿など)を通じて、早期から将来へ向けて視野を広げることができます。中高一貫・附属校にしか出来ません!

附属校だから出来ること!

05 地域医療の未来を支える

昨年度、医学部医学科に8名の合格者を輩出!これまでも医学部へ進学した卒業生は91名おり、その多くが医師として地域の医療を支えています。本校では医学部合格へ向け、大学見学・医師体験・学習指導・面接指導などを行い合格をサポートします。地域の未来を担うのはあなたです!

地域医療の未来を支える
医学部合格者多数!たくさんの卒業生が地域の医療機関で活躍中
昨年度、医学部医学科に過去5年間で最多の8名が合格(神戸大2名・鳥取大1名・弘前大1名・近畿大4名)しました。過去5年間で30名の医学部合格者を輩出しています。現在、たくさんの卒業生が医師となり、公立豊岡病院をはじめ地元の医療機関で活躍しています。本校では、地域医療を支えるべく医学部医学科合格へ向けた学習指導や面接指導はもちろんのこと、「一日医師体験」などを通じて医師としてのあり方や、医療に関する現状把握・探究を実施。医師として必要な資質を育むことができます。

※但馬地域の公立病院では独自の医師修学資金貸与制度などもあります。各病院のHPをご覧ください。

※近畿大学医学部 附属特別推薦制度あり。

1・2年

生活習慣の確立と知的好奇心の伸長

豊富な授業時間数を確保することにより、英数国を中心とした基礎学力をじっくりと身につけ、要点を押さえ、2年間でほとんどの中学課程を修了します。その中で、基本的な生活習慣の確立を図り、3~6年次に向けての基礎作りを行います。また、体験学習や課題解決学習および、その発表を通して、知的好奇心を伸ばすとともに、自ら学ぼうとする能動的な姿勢を養います。

3・4・5年

高校課程の開始主性の確立学力と自主性の伸長

基礎学力の定着を図りながら、3年次から高校課程に入り、さらなる学力の伸展を目指します。高校受験のために費やされる時間を有効に使うことができます。

基礎学力の定着を図りながら、3年次から高校課程に入り、さらなる学力の伸展を目指します。高校受験のために費やされる時間を有効に使うことができます。

4年次から文系・理系に分かれ、大学進学に向けての学習指導、進路指導を行います。また、文化祭、体験学習、クラブ活動、ボランティア活動などを通し、下級生を指導することで、リーダーとして必要な力を学んでいきます。5年次で高校課程をほぼ修了します。

6年

進路実現とリーダーづくり

6年次では徹底した入試対策演習を行い、進路実現に必要な力を養います。そして、進路について調べ、考えることで自己を見つめ、課題解決能力を伸ばします。さらに、中高一貫コースの中心として、中1から培ってきたリーダー性を更に伸ばし、さまざまな学習活動・学校行事に主体的に取組むことで、未来を切り拓き、社会を担っていくリーダーとしての人格の形成を図ります。