• ※記事内容は近年の本校の合格実績を基に作成しております。
  • ※各試算ベースの家族構成などは一般化し想定したものです。
  • ※学習費などは来年度入学の場合で試算しております。
  • ※試算結果は実際の保護者所得により異なりますので、詳しくは本校入学相談などをご利用ください。
  • ※本校学習費は、在学中は保護者年収が変動がないこと、学習塾等に通わなかった場合を想定して算出しています。

国立大学進学希望

兵庫県出身のAくんの場合

201X年 近中入学(高校から理系を選択)

友だちと「近梅祭」を見学して、「秋のオープンスクール」に参加。授業が面白かったので、中学受験をしました。将来は建築士になることが夢です。

家族構成
両親・本人・妹
保護者収入
年収約580万円(父母合算)
補助金額(高校3年間のみ)
232,200円×3年=696,600円
内訳:(高校就学支援金178,200円+兵庫県軽減補助金54,000円)×3年
※平成30年度補助額で算出 
実質学習費
(中1)約98.1万円 (中2)約63.4万円 (中3)約65.7万円
(高1)約44.1万円 (高2)約30.0万円 (高3)約34.1万円
※入学金(中学入学時のみ、高校は免除)、制服代(H29年度ベース)、教科書代(H29年度ベース)、学年費(H29年度ベース)等含む
6年間総学習費
約335.4万円
6年間公立比較
差額約70.4万円(1年で約11.73万円、1ヶ月で約9,777円)
公立中高学習費約265万円(公立中130万円+公立高135万円)

最終模試では、 第一志望校B判定、 第二志望校A判定

祝 国立K大学合格!

「学校の定期考査をこなせば必ず力が付く」と、 学習合宿に参加してくれる大学生の先輩の言葉通りに6年間を 過ごしました。模試の成績も次第にアップしてきました。

近畿大学志望

兵庫県出身 Bさんの場合

201X年 近高進学探究コース入学(文系を選択)

中学生のときの塾の先生の紹介もあり、秋のオープンスクールに参加しました。高大連携の授業が豊富で高校2年生の時に志望学部を法学部に決めました。受験勉強は推薦を目指していたので定期考査に集中し、英検2級にも合格しました。高校生活は学校行事も含めエンジョイできました。

家族構成
両親・兄・本人・弟
保護者収入
年収約800万円(父母合算)
補助金額(高校3年間のみ)
就学支援金118,800円×3年=356,400円
※平成30年度補助額で算出 
実質学習費
(高1)約91.6万円 (高2)約42.5万円 (高3)約45.9万円 ※入学金、制服代(H30年度ベース)、教科書代(H29年度ベース)、学年費(H29年度ベース)等含む
3年間総学習費
約180万円
3年間公立比較
差額約45万円(1年で約15万円、1ヶ月で約1.25万円)
公立中高学習費約135万円

近畿大学附属特別推薦(学科試験免除)【専願制】で合格を!

祝 合格!

しかも大学入学金免除特待生25万円免除!

留意事項

  1. 本校学習費には毎年変動する費用を含んでおり、就学支援金・授業料軽減補助金は今後変動する可能性があるため実際の金額とは異なります。
  2. 本校学習費は、在学中は保護者年収が変動がないこと、学習塾等に通わなかった場合を想定して算出しています。
  3. 本校学習費は、授業料等の他に、学年費(H29年度実績)、制服代(1セットのみ購入、H30年度現在)、教科書代(H30年度実績)を含みます。
  4. 公立高校及び本校の昼食代、通学費用、課外・クラブ活動等に関わる費用、その他臨時的費用等は含めていません。
  5. 公立学校の学習費は、文科省の平成28年度子どもの学習費調査結果を参考(塾代等は学校外活動費に含む)にしています。
  6. 大学からの費用は、日本学生支援機構の平成28年度学生生活調査結果を参考にしています。
  7. 高等学校等就学支援金制度は、公立の場合は所得別の算出シミュレーションを行っておりません。