近中・近高は本当にガリ勉なのか

今回は高校英語科の河原大和先生(近高一のイケメン先生)と中学1年生の長田さん、高校1年生の安居君にインタビューをさせていただきました。

※先生の前だと緊張があるので、先生と生徒のお二人は別々にインタビューをとらせていただきました。

早速ですが、入学の動機は?先生もいらっしゃらないので、リラックスしてお話ししてくださいね。といっても知らない おじさんにリラックスしろと言われてもなかなかだよね(一同笑)。 早速ですが、入学の動機は?

長田さん:いとこが近中生で、近梅祭に誘われてきたのがきっかけです。 生徒の皆さんが楽しそうで、「勉強を頑張る」というよりも、「自分のしたいことができる」と思ったからです。

安井君:僕の場合は、公立高校にするか近高にしようかと迷っていたの ですが、中学校の担任の先生と相談していく中で、文理特進コースに進むことにしました。

インタビュー

長田さんは、実際に近中の生徒として近梅祭に参加してどうでした?

長田さん:近梅祭は6月にあるので入学してすぐって感じでした。誰とどうやって話したらよいのかわからない状態で、時間もないし大変でしたが、やっぱり楽しかったです。近梅祭をきっかけにクラスのみんなとの距離がぐっと縮まったと実感できました。

普段の学校生活はどんな感じですか?

安井君:中学では野球をしていたのですが、今はサッカー部に入って います。授業が終わって、部活をして7時から学校に残って宿題をするという毎日ですね。

部活数が少ないことには悩まなかった?

安井君:確かに野球部はないのですが、サッカー部はレベルも高い し、サッカーを楽しくやっています。

長田さん:普段の学校も楽しいです。部活はバレーボール部に入って います。最初のころは、学校に残って宿題をするという「システム」がわからなかったけど、ほぼ毎日、放課後に宿題を学校でして帰るという感じです。中学生は6時が完全下校なので高校生のように遅くまで残っていないですが、できるだけ宿題はして帰っています。

インタビュー

宿題が多いと聞きますがどうですか?

安井君、長田さん:多いです。(小声で)多すぎです(笑)。

安井君:それもあって、部活の後に宿題をして帰る方が効率もいいし、残っていらっしゃる先生に質問ができるのもいいです。学校で勉強は片づけて、後は帰ってご飯を食べて寝るだけって感じですね(笑)。

なんかストイックに感じるけど?(笑)

その質問には二人は笑顔で否定して、他の学校に行っていた方が良かったとは思わないし、学校は普段から普通に楽しいと言いながら、インタビュー会場を後にしてくれました。続いて二人の生徒に代わって、安居君が所属しているサッカー部の顧問の河原先生に登場してもらいました。

河原先生は神戸の方とお聞きしましたが、なぜ近大豊岡で教鞭をとろうと思われたのですか?

河原先生:サッカーが好きで、とにかくサッカーが教えたくて先生になりました。サッカー部の顧問がさせてもらえる学校を受験していて、その一つが近大豊岡でした。実際、顧問をさせてもらっています(笑)。

サッカーを教えたくて、なんで、英語科なのですか?

河原先生:私の英語は、洋楽からなんですよ。歌えるようになりたくて。高校生のときに、Backstreet Boysの「As Long As You Love Me」を聴いたときに、「この歌が歌いたい」と思って、その歌詞を精読したのが始まりです。

河原先生インタビュー

その話、深そうですね

河原先生:中学レベルの英語で、As Long Asが「何々する限り」という使い方を知っていて、題が「あなたが僕を愛している限り」という意味と分かるところからスタートでしたね。英語文法ってシンプルで、面白いと思ったんですよね。そして、歌詞を読んでいって、英語ではこんな風に自分の思いを伝えるんだなぁと感じました。そして、洋楽の歌詞をどんどん品詞分解したり、省略語の元の形を探したり、歌詞にでてくるスラングの原義を探ったりしていましたね。

先生。ほとんど「変人」ですね(笑)

河原先生:いえいえ。今の子どもたちも一緒で、スイッチが入るとどんどん突き進んでいきますよ。どんなスイッチが入るかだけですよ。私の場合たまたま英語だっただけです。(笑)

先生は英語という武器をもって、やりたいサッカーを続けられる先生になられたってことですね

河原先生:そういうことになりますね。

着任されて8年になるそうですが、近大豊岡の印象はどうですか?

河原先生:生徒は、ほんとうにいい子ばかりです。自分の高校時代をふりかえってもそう言い切れますね。授業をしていてもちゃんと反応してくれますし、とにかく授業をするのが楽しいですね。伸び代をいっぱいもった生徒なので授業もワクワクしながらできますし、授業を苦に思ったことはないですね。

先生。何か本当に学校が楽しそうな笑顔ですよね。先生の楽しさは必ず生徒にも伝播するんでしょうね。河原先生は近高の生徒がどんな風に次に進んでくれたらよいと思われますか?

河原先生:大学へは、「燃えるために」に進学してほしいと思っています。その助走路として、しっかり身につけられるものを獲得するのが高校時代です。勉強以外のいろいろな面でサポートできればと思っています。 近高では勉強も部活も両立している生徒が多く、サッカー部OBには、「ガリ勉君ともサッカー馬鹿とも言われたくなかった」と言って難関大学に合格した生徒もいます。

もっともっと、先生の熱くて面白いお話をお聞きしたいところですが、今回はこのあたりまでとします。本日はお忙しい中ありがとうございました。