西村 昭宏

教育(授業)方針

歴史をふり返るとそれぞれの時代の人々の生活が見えてきます。また、歴史を学ぶことでこれから皆さんが生きていく世界での「課題」を見付けだすことが出来、さらにその「解決」への手がかりを考えることが出来ます。ぜひ一緒に考えていきましょう!

生徒へのメッセージ

地歴公民科のモットーは、「授業は楽しく!」です。一緒に楽しく頑張りましょう!!

Read More

山根 謙一

教育(授業)方針

「そーなんだ」と腑に落ちる授業を。「なるほど」となれば、すべてがつながってくる。そんな授業。あとは「笑顔」のある授業。

生徒へのメッセージ

この世界に生きていることに感謝。この世界は、驚きに満ちています。まず、僕らの世界を知るところから始めよう。

福永 哲也

福永

教育(授業)方針

「なぜ?」と”考える”ことを大事にして下さい! 世の中で起こっている(起こった)ことは、私たちの生活とは全く無関係ではありません。 どこかで何かしら関連性はあります。 そうしたことから、地理や歴史、今の世の中に”なぜ?”と 関心を持って下さい。 世界が広がっていきます。

生徒へのメッセージ

社会科は暗記科目と思われがちですが、そんなの楽しいですか?
暗記したことは将来、大変役に立つと思いますか?
もちろん覚えなければ、一般常識に欠けるところもありますが、大事なのは覚えたことを使えることと、「なぜそうなったのか」「なぜそこでおこったのか」「現状を踏まえ、これからどうすべきなのか」・・・と”考える”ことです!
周辺地域のことや日本のこと、世界のこと、過去のこと、これからのことについて”考える”習慣を身に付けていって下さい。
物事を知り、そして”考える”中で「自分の考え」も持てるようになりましょう。

西尾 亮

教育(授業)方針

歴史には色々な先人たちの知恵や想い、面白エピソードなどがたくさんつまっています。その魅力や想いなどを伝えられるような授業をしていきたいと考えています。

生徒へのメッセージ

歴史をただ暗記だけで済ますのではなくて、ぜひ「なぜこんな行動をしたのか?」「どうしてこの事件は起こったのか?」など、想像して考えてみてほしいと思います。

Read More