6年間の学び

6年間の教育課程

1・2年

生活習慣の確立と知的好奇心の伸長

豊富な授業時間数を確保することにより、英数国を中心とした基礎学力をじっくりと身につけ、要点を押さえ、2年間でほとんどの中学課程を修了します。その中で、基本的な生活習慣の確立を図り、3~6年次に向けての基礎作りを行います。また、体験学習や課題解決学習および、その発表を通して、知的好奇心を伸ばすとともに、自ら学ぼうとする能動的な姿勢を養います。

中高一貫

中高一貫1-2年

3・4・5年

高校課程の開始と自主性の確立。学力と自主性の伸長

基礎学力の定着を図りながら、3年次から高校課程に入り、さらなる学力の伸展を目指します。高校受験のために費やされる時間を有効に使うことができます。

4年次から文系・理系に分かれ、大学進学に向けての学習指導、進路指導を行います。また、文化祭、体験学習、クラブ活動、ボランティア活動などを通し、下級生を指導することで、リーダーとして必要な力を学んでいきます。5年次で高校課程をほぼ修了します。

6年

進路実現とリーダーづくり

6年次では徹底した入試対策演習を行い、進路実現に必要な力を養います。そして、進路について調べ、考えることで自己を見つめ、課題解決能力を伸ばします。さらに、中高一貫コースの中心として、中1から培ってきたリーダー性を更に伸ばし、さまざまな学習活動・学校行事に主体的に取組むことで、未来を切り拓き、社会を担っていくリーダーとしての人格の形成を図ります。

中高一貫6年
中高一貫6年