北村 光司さん

部活動ではロボット製作をしていました。他学年とのつながりは勉強へのモチベーションUPに繋がりました。近梅祭や体育祭などの行事ではクラス一丸となって全力で取り組みました。チームで力を合わせて1つのものを作り上げる喜びと感動は今でも心に残っています。先生方は教育熱心で頑張っている生徒を全力でサポートしてくれます。僕自身、勉強で行き詰って悩んでいた時期もありましたが先生の協力もあって乗り越えることができました。

大学生になり、この6年間の日々は大きな糧となっています。将来、ロボット医療に携わりたいと考えています。

Read More

水嶋 弘樹さん

僕は将来の夢がはっきり決まってなくて、はじめはぼんやりとしか京都大学を目指してなかったけど、自由な校風に惹かれて、だんだん「この大学で勉強して夢を見つけたい!」と思うようになりました。

僕は突出した何かがあるわけでなく、思うような結果も出せず、最後の最後まで不安しかありませんでした。しかし、そんな状況でも合格できたのは、すごく恵まれた環境にいたからだと思います。

僕はありがたいことにサッカー部を最後まで続けられました。

自分の可能性を広げるための大学合格に向けての受験勉強と、人として大事なことを教えてもらった部活は、僕の場合どちらが欠けてもうまくいかなかったと思います。

それも最後まで続けられたのは、めちゃくちゃいい仲間がいたからです。勉強にしても、部活にしても、そこから良い人間関係が生まれてくるのは近大豊岡のいいところの1つだと思います!

時にやりたくないことをしなくちゃいけない時があると思います。僕もありました。でも、今言えることは、無駄な事なんて何もないということです。これから何が役に立つなんか誰にもわからないです。だから、視野を最初から狭めず、いろんなことに手を伸ばして頑張っていきましょう!

Read More