保護者の声

体育祭の観戦の合間に3名の保護者様にインタビューをとらせていただきました。
今回は、本音をお聞かせいただくという意味で、学校職員ではなくフリーペーパーの記者さんにお願いしました。インタビュー内容も記者さんが保護者の方に確認し公開記事としております。

※学校で編集作業を行っておりませんのであらかじめご了承ください。

記者:それでは、インタビューを開始します。早速ですが、お子さんは、何人いらっしゃって、近大豊岡には現在何人通われていますか?

芝様:男の子が2人で、中学2年生と中学6年生(高校3年生)です。

記者:上のお子さんも中学からということですか?

芝様:はいそうです。上の子も中学から入学しました。

記者:それで、入学の動機はなんだったのですか?

保護者インタビュー

芝様:入学の動機は、住んでいるところに高校向けの塾がないのと、公立高校に行く場合も結構距離があり、通学時間が近中とあまり変わらないということですね。 それと、小学校の校区で近中に通わせていらっしゃる親御さんから、「勉強を熱心にみてくれるし、親が楽だよ」と聞きました。「何よりPTAが楽だ」と聞いたのですが、知らぬ間に今は役員をしています(笑)。でも、役員をすることで様々な人と出会うことができて楽しくさせてもらっています。本当ですよ。 子どもも一緒で、上の子も下の子も入学したときから、生き生きとしていますね。小学校は1学年1クラスで20名くらいの小さな学校から入学したのですが、緊張するというより、色々な新しい友達ができるという期待もあったようです。学校は今も大好きみたいで、学校にずっといたい感じですね。

記者:今は、先生、学校の職員の方もいらっしゃいませんので、本音で話してくださいね。告げ口もしませんので。(一同笑)

太田様・宮田様:うちも、本当に学校は大好きですね。(笑)

芝様:そうそう。勉強に落ち着いて取り組んでほしいという点もですが、我が家は息子二人ですが、お嬢様がいらっしゃるご家庭の親御さんは、この学校は、比較的落ち着いたお子さんが多いので安心できると話しておられました。上の子が入学したときに、女の子さんが半分ぐらいいらしてその点も大きいかなと思いました。

太田様:その点も大きな要因ですよね。我が家の場合は、本人の希望で入学しましたが、動機は近梅祭のようでした。小学生のときに、近梅祭を見に来て、知っている小学生のときの先輩がすごく輝いていると感じたようです。 自分も同じようになりたいと思ったみたいですね。

保護者対談

記者:宮田様のところは、入学の動機は何ですか?

宮田様:我が家は、今お世話になっている子どもの上に姉がいて、中学、高校ともに公立でしたが、下の子は、中学入学前に突然、「近中に行きたい」と言ってきたので、我が家も子どもの意思で入学したという感じですね。

記者:どんな動機があったのですかね。

宮田様:我が家は自宅が戸牧で、近中や近高の生徒さんに出会う機会が多く、挨拶を交わしてくる生徒の皆さんに好印象を持っていたようですね。それとやっぱり、うちの子も、近梅祭ですね。近所なこともあり、近梅祭を見て、生徒として参加したいと思った点も大きいと思いますね。

太田様:個性を大切にしてもらっていることを感じます。中学の段階から、色々な友達と出会える環境は良いと思います。中には、個性も豊かで、悪い意味ではなく「トガッタ」お子さんもいらっしゃるようです。ここに来なければ中学生の間で出会ってないだろうなと思うような友達との出会いもあり、子どもも刺激を受けていると感じます。学校が子どもの個性を伸ばしてくれる「場」になっていると思います。

保護者インタビュー

宮田様:大学進学において、選択の幅があるのは子どもにとっても親にとっても良いと思います。もちろん、子どもが目標としているところに入学してくれることを願っていますが、近畿大学の附属というのは、受験になったときにじっくりと挑めるというメリットがあると思います。わが子は目指していませんが近畿大学医学部の特別推薦や有名私立の推薦枠なども入ってからわかることですが、すごいことだと思います。近畿大学に関しては他の学部の推薦枠や大学での奨学金についても詳しく教えていただけますね。

記者:芝様はどうですか?

芝様:知り合いの方に、「お兄ちゃん勉強ばっかりで大変なんでしょ」とお声がけいただくこともありますが、目標をもって楽しく学校生活ができることは本当に幸せだと思います。実際、勉強ばっかりではなく、先に上がっていた近梅祭もみんな弾けんばかり楽しんでいますし、メリハリもあって生き生きとできる学校環境だと感じますね。 もう一つ、中学1年生の段階で、高校3年生の大学受験生の姿を見られるのはいいことだとも思います。今年、高校に入学された親御さんで、『受験制度が変わるので近高なら安心だと思って』とおっしゃっている方もいらっしゃいました。

記者:時間もだんだん迫ってきましたが、「近中・近高はお金がかかる」という印象をお持ちの方が多いのですが、その点についてはどう思われますか?  今、お手元にお渡した大きな表は、学校に作っていただいた実態に即した学費というか学校生活にかかる費用を公立と比較した資料です。

保護者の皆様:就学支援金などを考慮するとこんな感じになるんですね。

記者:皆さんのお子さんたちは、塾に通われていないとのことでしたが、とくに芝様などはご近所に高校向けの塾がないことも入学動機と言われていましたね。この表でいう学校外活動費が塾の費用を含むのですがあくまでも全国平均です。全国的にお子さんが私立に通われている方が、学校外活動費が高かったりします。いわゆる習い事も含まれるからです。

保護者の皆様:学校にいるのが好きなので、授業後に残って子ども同士で教え合うなどをしているみたいですね。それと、塾の個別指導とまではいかないようですが、先生方も親身に色々な相談に乗っていただけるみたいで、職員室によく質問にも行くみたいですね。学校でエネルギーを使い果たして帰ってきますね(笑)。

記者:学校をほめすぎですよ(笑)
学校側の説明によりますと、もちろん塾に通われている生徒さんもいらっしゃるようですね。志望学部などのことや入学前からの勉強習慣などもあり、各生徒にあった学習環境を選択できる感じではないでしょうかね。

保護者インタビュー

保護者:この表で書かれている学校外活動費が、全国平均とこのあたりのエリアではどのぐらい差があるかわかないですが、興味深い資料ですね。

学校の放課後までいると迎えに来なければいけないですが、まあ、塾に通っても同じですし、2か所とかに通うよりは、少しは気が楽ですね。

記者:今回、学校に作成していただいた表は、抜粋した形になると思いますが、ホームページにも掲載されるようです。また、周りの皆様にもご紹介ください。 本日は、体育祭観戦の合間にお時間をいただきありがとうございました。

田舎の学校だからこそ取り組むべきICT教育

ずいぶん前からICT&AL(アクティブラーニング)教育とはいわれていましたが、新学習指導要領の発表からか、にわかに各学校でのICT&ALの取り組みが話題になってきている感じです。
今年度より中学校全校生、高校1年生一人一人の個人端末としてChromebookを導入しました。

※以下の内容は紙幅の都合で情報誌JAMに掲載できなかったICT担当の奥田教諭のインタビューをまとめたものです。

私が感じる教育業界の変化

高大接続改革が進む中、社会の変化のスピードに遅れていた教育分野も、最近は考え方に変化が見られます。 「先生が教科書の内容をどう教えるか」以上に「生徒が授業を通してどう学ぶのか」といったように、生徒の「知りたい」「学びたい」に主眼を置いているんです。でも、今までの教員1人対生徒全員のスタイルだと、すべての生徒の『知りたい』に先生が応えることができない。  これを解決する手だての一つとしてICT教育があり、本校も挑戦を始めました。

まずは、私たち教員の意識改革から

みなさんによく言われる近大豊岡のイメージは「勉強ばかりの学校」。確かに、大学進学を目指して学ぶ生徒たちのために、私も予備校の講師のように「チョーク&トーク」で知識伝達型の授業をしていました。  学びの本質が、「主体的・対話的で深い学び」と再定義される中、全国からはICT教育の事例が報告されるようになってきました。そこで本校は2017年「ACTルーム」と「図書室」(ラーニングコモンズ:情報通信環境があり、グループ学習用設備のある空間)を整備しました。ACTルーム

教室の3つの壁面に全面ホワイトボードを配備した真っ白なACT ルームには、プロジェクターや台形テーブルを設置して「最先端の学びの空間」を実現しました。そうすると、授業は生徒同士がお互いの「顔」を見ることができ、「対話」が生まれます。もちろん、「おしゃべり」が多くなっただけじゃないのかという声もありましたが(笑)。しかし、ACT ルームで授業をすると教員の質問の仕方や対話の引き出し方が変わってきました。主体的・対話的で深い学びの実現へ向けて、教員の意識が変わってきたんです。

教員と生徒間の情報共有ができないか

授業の改革と同時に、教員間の業務はクラウドを利用した情報共有が進んできました。教員と生徒たちとの間でも同じようなシステムができないかと、色々なプラットフォームの検討をした結果、2018 年からGoogle が教育機関向けに提供しているG Suite for Education の利用を本格的に始めました。すると、生徒たちは学校共有のPC やタブレット端末を利用し、クラウドを使ったデータ共有や共同編集などによって生徒の ICT スキルは確実にアップしていくんです。例えば、Classroom という機能を使って、クラス情報の共有を実現しています。クラスの掲示板がインターネット上にあるといったイメージです。(もちろんクラスの生徒しか見ることはできません。)  この機能をクラス内での情報共有だけでなく、部活動のコミュニケーションなどにも利用しています。LINE などの SNS とは違った情報プラットフォームの有用性を体感しつつあると思っています。

生徒個人端末chromebook導入

学校用の端末を使ったG Suite for Education の利用が進むにつれ、「個人端末があれば…」といった声が聞こえるようになってきました。  高校の学習指導要領改訂が迫ってくる中、文部科学省から「普通教室のICT環境整備」が全国の学校に求められています。そこで、本校はICTの環境整備の『Stage4』である『 1人1台の個人端末の所持』を目標にICT環境の整備を加速させました。

「今のタイミングで変わらなければ、この地域の教育は止まったままになってしまうのでは。」という教育の地域間格差が心配される中、「田舎だからこそインターネットを介して世界とつながることで、地域の教育格差をなくすことができる。」と思い、個人端末の導入に踏み切りました。

そして、2019年10月「生徒個人端末Chromebook導入」

中高生にとって持ち運びがしやすく、PCと同じような操作で使え、クラウドを利用したデータ管理や仲間との共同編集をするために、最適な端末を考え、Chromebookを選定しました。

ICT 環境の整備による生徒の変化

2018年に G-suite for educationを導入してから1年半。私が感じることは、「教員よりも生徒の方がシステムもデジタル機器も臆することなく使うこと」です。国語科のある授業では、教員が「form」というアンケート機能を使って生徒に質問しています。口頭で質問すると、「間違えたら恥ずかしい」という意識が先行して、発表や質問が出にくいこともあります。ICTを使って全員に質問すると、自信を持って回答することもできるようになります。また回答も自動集計されるので、授業は「一人ひとりに質問する」から「生徒の回答をみんなで分析する」ことにスタイルが変わっています。

ICT教育

数学科の授業では、「geogebra」が使われています。関数の最大・最小問題などのグラフが動く問題では、グラフをイメージすることに役立っています。驚いたことは、グラフの動きを確認すると、異なる問題での発想のしやすさが向上したことです。  授業だけでなく学校生活全般で生徒たちにとって当たり前になったのは、クラウドを利用した共同作業です。  HRや総合探究学習では、生徒たちが「ドキュメント(文書編集)」、「スプレッドシート(表計算)」、「スライド(プレゼンテーション資料作成)」で共同編集する姿をよく見かけます。 ・「1ページ目は私が作るから、2ページ目お願い。」といった作業分担。 ・自分の端末と相手の顔を見て、「文を作ってみたけど、どう思う?」と言いながらの共同編集。

ICT教育でトップランナーを目指す

今までは、情報共有するために自分の考えを紙に印刷して見せ合っていた手間を、今は共同作業をするので、一歩目のレベルが高く、デジタルなので修正もしやすい。驚いたことは、はじめに少し教えただけなのに、数カ月過ぎれば、生徒たちの方が使いこなして、スキルも向上しています。  このように共同作業が増えたことにより、他者の考えや価値観に触れる機会も増え、自分の考えとすり合わせてより良いものを創り上げていく「協働的思考力」が向上しています。

これからの教育、そして育てたい力

最近、情報の授業で感じることは、Google の検索ワードに何を入力していいかわからない生徒がいます。必要な情報が欲しいのに、何と検索していいのかわからずたどり着けないどころか、間違った情報をつかんでしまっている。Chromebookが手元にあるので、いつでもどこでも情報を手に入れることができるからこそ、情報を検索する力と情報を整理・分析する力が必要だと感じています。ウェブ上にある多くの情報から、自分の考えの根拠となる情報なのかどうかを考えなければいけない。

また、いつでも情報を検索できるので、情報の見落としが増えてきているようにも感じています。「相手は見てくれるだろう」という感覚のもと、多くの情報がやり取りされることで情報が埋もれていく。教員でも「紙で配られたときの方がよく見ていた。」というほど、情報の流し読みが増えることによる情報の見落としが起こっています。

このような状況を見ると、情報が増えすぎたことにより情報の価値が低下しているのではと思うこともあります。だからこそ、情報発信者は受け取る側の立場に立って、情報を伝えるための配慮が必要だと感じています。情報伝達はコミュニケーションを補完するためだけのものですから。

これからの社会はさらに急速に変化し、IotやAI、5Gなど新しい技術が生活を支えてくれる社会になっていきます。そんな社会の中で活躍していく子どもたちは、知識や技術を融合させて新しいものや考え方を生み出す創造力が必要だと言われています。創造するために必要なのは「想像力」(笑)。
私はイメージできる以上のことは実現できないと思っています。だからこそ、子どもたちにはいろんな世界を見せてあげたい。自分とは異なる考え方や新しい価値観に触れさせてあげたい。
そのために私たち教員は、既存の知識を伝達するだけではなく、知識や技術、情報を組み合わせていくようなファシリテーターのような役割があると思います。だからこそ、教員は常にアップデートしておかないといけない。そんな思いで毎日過ごしています。

近中・近高は本当にガリ勉なのか

今回は高校英語科の河原大和先生(近高一のイケメン先生)と中学1年生の長田さん、高校1年生の安居君にインタビューをさせていただきました。

※先生の前だと緊張があるので、先生と生徒のお二人は別々にインタビューをとらせていただきました。

早速ですが、入学の動機は?先生もいらっしゃらないので、リラックスしてお話ししてくださいね。といっても知らない おじさんにリラックスしろと言われてもなかなかだよね(一同笑)。 早速ですが、入学の動機は?

長田さん:いとこが近中生で、近梅祭に誘われてきたのがきっかけです。 生徒の皆さんが楽しそうで、「勉強を頑張る」というよりも、「自分のしたいことができる」と思ったからです。

安居君:僕の場合は、公立高校にするか近高にしようかと迷っていたの ですが、中学校の担任の先生と相談していく中で、文理特進コースに進むことにしました。

インタビュー

長田さんは、実際に近中の生徒として近梅祭に参加してどうでした?

長田さん:近梅祭は6月にあるので入学してすぐって感じでした。誰とどうやって話したらよいのかわからない状態で、時間もないし大変でしたが、やっぱり楽しかったです。近梅祭をきっかけにクラスのみんなとの距離がぐっと縮まったと実感できました。

普段の学校生活はどんな感じですか?

安居君:中学では野球をしていたのですが、今はサッカー部に入って います。授業が終わって、部活をして7時から学校に残って宿題をするという毎日ですね。

部活数が少ないことには悩まなかった?

安居君:確かに野球部はないのですが、サッカー部はレベルも高い し、サッカーを楽しくやっています。

長田さん:普段の学校も楽しいです。部活はバレーボール部に入って います。最初のころは、学校に残って宿題をするという「システム」がわからなかったけど、ほぼ毎日、放課後に宿題を学校でして帰るという感じです。中学生は6時が完全下校なので高校生のように遅くまで残っていないですが、できるだけ宿題はして帰っています。

インタビュー

宿題が多いと聞きますがどうですか?

安居君、長田さん:多いです。(小声で)多すぎです(笑)。

安居君:それもあって、部活の後に宿題をして帰る方が効率もいいし、残っていらっしゃる先生に質問ができるのもいいです。学校で勉強は片づけて、後は帰ってご飯を食べて寝るだけって感じですね(笑)。

なんかストイックに感じるけど?(笑)

その質問には二人は笑顔で否定して、他の学校に行っていた方が良かったとは思わないし、学校は普段から普通に楽しいと言いながら、インタビュー会場を後にしてくれました。続いて二人の生徒に代わって、安居君が所属しているサッカー部の顧問の河原先生に登場してもらいました。