学園歌

  1. かなる岡と 誰が云いし
    但馬の野辺に 来日山
    草あさみどり 水ぬるむ
    あわき辛夷の はなのかげ
    霞なびけり ほそ道に
    いざいざ燃えよ 汝が理想に
  2. ・海にきらゝ 光降る
    はるかに超えし 鉢伏山
    雲よ鳥よ あおい樹竝
    友ら謳いし かの時よ
    夏の風たつ さやけくも
    いざいざ生きよ 幸いを
  1. さよう岸に 水脈ながれ
    のこり咲きける 萱草
    蜩とおく わすれめや
    葦まをゆきし わが刻よ
    こころに翳る 移ろう日
    いざ弾けあらたに 弦の歌
  2. 山に鳴く 虎落笛
    あられよあられ 昿野をはしる
    すぎゆくつぶて われを打つ
    ものあらたまる 白き朝
    けだかく梅花は ほころびぬ
    いざいざ出でよ 学舎を
    近畿大学豊岡学園